2017.4.1 〜
日本語の読み書きが不得意な人の講習受講案内(外国籍の方など)
日 本 語 の 理 解 レ ベ ル  項 目 受講可否判定
作業主任者 技能講習 特別教育
 1.日本語があまりわからない(通訳が欲しい)  会 話  × × ×
 2.カタコトの日常会話ならできる ×
 3.普通に日常会話ならできる ×
 4.母国語なら読み書きできる(英語,スペイン,ポルトガル,中国)  読み書き  ×
 5.ひらがな(カタカナ)は読むことができる ×
 6.日本語の読み書きができる(漢字入り文)
                                           判定基準  × ・・・ 受講困難です 
                                                   △ ・・・ 現場でのOJTが必要です
                                                   ○ ・・・ 受講可能です

1.作業主任者技能講習の受講
 ・レベル:日本語のテキスト(漢字入り文)を支障なく読める
レベル6以上であること
 ・理 由:労働安全衛生法などを読み解き職場の安全管理に反映できることが求められます
 ・試 験:学科修了試験は日本語のみ

2.技能講習
(フォークリフト運転操作など単独作業)

 ・レベル:
カタコトの日常会話のレベルで現場でのOJTが必要と思われる
 ・理 由:作業指示に対する理解度を指揮者が常に確認することで安全作業をサポートする必要があります
 ・試 験:学科試験は漢字入り日本語ですが漢字を読めない方には以下の3コース(
別料金)を用意しています
      @母国語試験(4種類:英語、スペイン語、ポルトガル語、中国語)   
・・・ 各 1,540円
             講習科目(4種類:フォークリフト、玉掛け、床上クレーン、ガス溶接)
      A漢字にふりがな表記入り試験   
・・・ 各 2,060円
      B日本語の試験問題を読み上げる(マンツーマン)  
・・・ 各 3,090円

3.特別教育
 ・レベル:カタコトの日常会話のレベルで現場でのOJTが必要と思われます
 ・理 由:作業指示に対する理解度を指揮者が常に確認することで安全作業をサポートする必要があります
 ・試 験:試験はありません
                                
外国籍の方の修了証の氏名表記について
1.外国籍の方の修了証の氏名は下記に記載されている氏名文字表記となります
     @外国人登録証明書
     A在留カード
     B特別永住者証明書
     Cパスポート

2.
通称名での表記を希望される場合は、通称名が記載された住民票原本の提示が必要となります           
                                                                  Home