フルハーネス型墜落制止用器具特別教育A ご案内(日程選択)

受講を希望される「日程」欄にある”詳細”をクリックすると、日時、会場、受講料等が ご確認頂けます。
受講資格、日時、会場、受講料等を必ずご確認頂いた上でお申込ください。
お申込み頂く場合は「日程」欄の日付をクリックすると、引き続きお申込方法の選択が行えます。

平成31年2月1日施行
・安全帯が「墜落制止用器具」に変わります(平成30年6月8日政令第184号)
・墜落制止用器具は「フルハーネス型」の使用が原則となります(平成30年6月19日厚生労働省令第75号)
・「安全衛生特別教育」が必要です(平成30年厚生労働省告示第249号)
現在、お申込いただける日程はありません。
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育A   
受講料
テキスト等
概要 墜落の危険がある作業のうち「高さが2m以上の箇所において、作業床を設けることが
困難な場合で、フルハーネス型を使用して行う作業(ロープ高所作業を除く)」に従事する方に対し、
事業者は特別教育(学科4.5時間、実技1.5時間)の実施が義務付けられます。

詳細はコチラをご覧ください。
受講資格 平成31年2月1日時点でフルハーネス型を用いて行う
作業に6ヵ月以上従事した経験を有する方(胴ベルト安全帯ではありません)
なお、経験6ヵ月の期間は満18歳以上であったことの証明が必要です。

カリキュラム 学科科目
 1. 作業に関する知識  ・・・ 1時間
 2. 墜落制止用器具(フルハーネス型に限る)に関する知識 ・・・ 2時間
 3. 労働災害の防止に関する知識  ・・・ 1時間
 4. 関係法令  ・・・ 30分
合計:4時間30分
その他 講習の受講受付開始は
 インターネット経由3ヵ月前の20日から
 郵送・直接窓口で申込み2ヵ月前の20日から

インターネット経由での申込みには受講料割引き(300円)が適応されます